月刊たる2021年3月号

月刊たる2021年3月号

No.461

【日本酒の古酒熟成酒】
時を重ねる中で、色や香り、味わいなどが深みを増し、新酒とはまた異なる、
奥深さを感じさせてくれる、長期熟成の日本酒。
単に置いておいただけではなくさらなる酒質の向上や可能性を意図して造られたそれら古酒・熟成酒は、日本酒のさらなる魅力を秘めており、世界も注目している。
本特集では、古酒熟成酒の知識から、牽引する蔵元の取り組みや、実際の楽しみ方を取材。
全国からとっておきの古酒熟成酒もセレクトした。
熟成という妙技が醸し出す香り高く豊かな味わいと余韻を堪能しよう。

■日本酒の多様性「熟成古酒」を知ろう。
文/長期熟成酒研究会 事務局長 伊藤 淳
■〜古酒熟成酒に取り組む日本酒蔵〜
古酒の“元祖蔵元”として日本酒の熟成文化を牽引
—増田德兵衞商店(京都市伏見区)
天然の熟成庫“洞窟酒蔵”で円熟味を増す大吟醸古酒
—島崎酒造(栃木県那須烏山市)
■〜〔長期熟成日本酒BAR 酒茶論〕主宰・上野伸弘さんに聞く〜
日本酒の古酒熟成酒、その魅力と可能性
■日本酒の古酒熟成酒SELECTION
■日本酒の古酒熟成酒TOPICS
■〜パソナグループ「匠創生」の挑戦〜
日本から世界へ、『古昔の美酒


■[巻頭言]
酒ゴコロ、男ゴコロ —椎名誠
ライ麦ウイスキーをさがして。
■[連載]カクテルノート
〈ストロベリーダイキリ〉
〔Flip-Flap〕 —矢田浩二さん
■[連載]日本酒スタイリスト
島田律子のSAKE スタイル
■【SPECIAL REPORT】
熟成焼酎ウェブマガジン「SHOCHU NEXT」リリース
熟成を知る、焼酎を楽しむ
■[連載]黄金の琥珀に純白の泡 —松沢幸一
■ビールの新しい世界観を広げる
〜アサヒビールの挑戦〜
■コロナ禍における「宅飲み」の大事な注意点
■日常に楽しむワインに、新たなる魅力を創造する
サントリーワインインターナショナルの提案
■[連載]お酒と福祉の醸す日々 —川嶋 舟
■ワインファンを増やす
「カジュアルスパークリング」の取り組み
■[連載]飲むたび、こころ旅 —檀タツオ
■[連載]メビウスの輪 —中村順一
■[連載]春宵酔刻 —柄長葉之輔
■[連載]今宵の1話
■〜総まとめ〜 2021年事業方針説明会
■[連載]『龍の瞳』ストーリー —今井 隆
■編集長インタビュー
未成年の飲酒防止に大いに期待したい!
■New Item
■[連載]映画は我が人生の友達 —山本陽張
■今月の一冊
■東の店/西の店
■Presents
■Back Number
■[連載]お酒を読む —鹿島 茂
ブドウ畑と修道院
■酒中の天

たる出版株式会社へのお問い合わせ

たる出版株式会社に関するお問合わせはこちらから

たる出版株式会社

〒541-0058
大阪市中央区南久宝寺町4-5-11

TEL 06-6244-1336

会社案内
お問い合わせフォームから

ちょっとした疑問から専門的な疑問まで何でもお気軽にご相談ください。

お問合わせフォーム
月刊たる取扱書店

Copyright c2001-2013 Taru Publishing Inc. All Rights Reserved.